滞在施設

ニューサウスウェールズ州でくつろぐ

勉強中は安全でリラックスできる住居を持つことが重要です。ニューサウスウェールズ州には、留学生向けの宿泊施設の選択肢がたくさんあります。

宿泊施設の詳細

居住する場所を選択するには

安全で幸せに感じられるということは、滞在施設を選択する上で最も重要なことであり、そのような施設を選ぶことによって勉学に集中して生活を楽しむことができます。決定を下す前に、選択肢をすべてリサーチすることをお勧めします。

滞在費用

市の中心部では、寝室が一部屋のアパートの平均家賃は現在 1 ヶ月あたり1,776豪ドル程度で、郊外では1 ヶ月あたり1,300 豪ドル程度です。ニューサウスウェールズ州のどの都市か地域で学ぶかによって家賃は異なります。連邦政府(The Commonwealth Government)は留学生向けに、オーストラリアの滞在施設にかかる費用の平均の内訳をこちらで提供しています

Student Accommodation Association

The Student Accommodation Association (SAA) is a national body representing education providers and student accommodation operators who manage student accommodation under the following categories:

  • University managed
  • Commercial Purpose Built
  • Residential Colleges
  • Student Hostels
  • Commercially Managed Student Housing Portfolio’s

SAA member properties offer:

  • An exclusive student residential environment
  • 24/7 access to professional student accommodation management teams
  • Fully furnished housing
  • Accommodation contracts which comply with local law and regulations

For more information, visit the Student Accommodation Association (SAA) website

Student Accommodation Association

Student accommodation

大学やカレッジの寮

通っている学校や大学が所有しているキャンパス内の施設

民間の学生用滞在施設

キャンパス内または学校に徒歩で通える範囲のいずれかに立地する、学生専用の滞在施設

民間の滞在施設

不動産業者または個人の貸主から家やアパートを借ります

ユースホステル

シドニーとニューサウスウェールズのホステルは安く短期間の宿泊施設を提供しています。ほとんどの部屋には個室と寮の組み合わせがあります。詳細については、

ルームメイトを探す

ルームメイトを見つける手助けが必要な場合は、以下をご覧ください:

全寮制の学校

18歳までの学生に対しては、宿泊施設を提供している小学校、中学校、高校があります

自分自身に問うべき質問は以下の通りです

質問

質問がある場合は、自分の教育機関に連絡して、留学生のためのサポートチームに話をすることができます。もしくは、ニューサウスウェールズ州での賃貸に関するヒントとアドバイスについて借主NSW(Tenants NSW)を参照してください

  • 費用には何が含まれているか。例として、光熱費、電話、インターネットが挙げられます
  • 借主としての自分の権利と責任とは何か
  • 公共の交通機関にはどのような選択肢があるか
  • 滞在施設から自分が学んでいる場所へはどのくらい近いか
  • 滞在する地域ではどのくらい安全と感じるか
  • 滞在する地域は睡眠および勉学には十分静かであるか
  • 何人で共同生活をするのか? 同居する者はどのような人物か
  • 異性と共同生活を送るのは大丈夫か
  • 滞在施設には家具が付いているのかいないのか
  • 滞在施設には食べ物や食事のプランが含まれているか

Accommodation tips

1

ぎりぎりまで先延ばししない

自分が通うことになる学校、カレッジ、大学から合格通知を受け取ったら、すぐに滞在施設の計画を立て始めましょう。

2

アドバイスを仰ぐ

民間の滞在施設を探している場合は、自分の滞在する地域での滞在施設のリストを持っている可能性の高い、自分の教育機関に確認しましょう。

3

インターネットを活用する

realestate.com.au や domain.com.au などのウェブサイトを確認して、地元のシェアハウスやアパートを探しましょう

5

契約または賃貸借契約をよく読む

自分の滞在施設の契約または賃貸借契約を理解することは重要です。時間をかけて資料を読むか、自分の教育機関の誰かにダブルチェックを頼みましょう。

6

出費に注意する

保証金や家賃に加えて発生している追加費用は何か、追加費用には何が含まれていて何が含まれていないかを自分が十分に理解しているか確かめましょう。

7

入居時の物件の状態を記したレポート(inventory / condition report)を確認する

民間の住宅や大学が管理する不動産物件を賃借する場合、物件に備わっている物と各項目の状態のリスト(設備の一覧)または物件の状態を記載したコンディション レポート(condition report)を渡されます。このリストやレポートにより、自分が物件に損傷を加えてないことを証明できるので、退去時に保証金を全額返金してもらえます。何に署名をし、何に同意しているかを確実に理解しましょう。

8

家財道具には割安の代替品を探す

オーストラリアでは、中古品や誰かが使用した品の市場やレンタル方式を通して、通常は宿泊施設には設置されていない、冷蔵庫、洗濯機、家具などを新品で購入する以外の良い代替手段が提供されています。

滞在施設のヒントを共有する

City of Sydney logo

City of Sydney council has some great tips on what to look for in share accommodation.