雇用条件

職場での権利

ニューサウスウェールズ州では多くの留学生が自分の生活費の足しにするために、パートタイムやカジュアル(臨時)の仕事をしています。オーストラリアでは、職場を対象とする、基本的な権利と保護に関する条件があります。このセクションでは、仕事を始める前に知っておく必要があることを取り上げています。

権利を理解する

オーストラリアで働く人は誰でも、滞在の長さに関係なく、最低限の賃金と最低限の職場環境を得る権利を持っています

自分のビザの規定を確認してください

オーストラリアの学生ビザ(Australian Student Visa)保持者は通常、学期中は1週間につき最大20時間、休暇中はフルタイムで働くことができますが、仕事を探し始める前に、働くことを許可されていることを確かめるために自分のビザの規定を確認することが大切です。ビザ資格オンライン認証(Visa Entitlement Verification Online: VEVO)で規程を確認しましょう。

仕事を始める

如何なる場所であっても、働くことに同意にする前に次のことを理解することが重要です:

  • 給与はいくらで、いつ、どのように支払われるか
  • 働く時間と日
  • 労働条件
  • フルタイムまたはパートタイム、あるいは臨時職員として雇用されるのか、それとも請負人として仕事に従事するのか

差別

オーストラリアの職場はすべて、州(State)と連邦(Federal)の差別禁止の対象となっています。人種、肌の色、性別、性的嗜好、年齢、身体的または精神的障害、配偶者の有無、家族に関する責任、妊娠、宗教、政治的意見、連合の会員であるかどうか、出身国、社会的背景に基づいて差別されることは違法です。

フェアワークオンブズマン(Fair Work Ombudsman)

Fair Work Ombudsman logo

フェアワーク オンブズマンは、オーストラリアの職場に関する法への順守を推進し、仕事における権利と責任について教育を行うことに責任を負っています。フェアワーク  オンブズマンでは以下の点で支援を行っています: